糖尿病の治療

日本人の95%が2型糖尿病です。当サイトでは、2型糖尿病について解説しています。

糖尿治療とはどんな病気?

自覚症状がないのに、糖尿治療はなぜ必要?

 

糖尿病とは、血液中のブドウ糖がエネルギーとして使用されなくなり、血中の糖度が高い状態となる病気です。血中の糖度(血糖値)が高い状態が長期間続くと、失明や足の切断、人工透析など、さまざまな合併症を引き起こしてしまいます。

 

この合併症の主な原因は、ドロドロの血液です。血中にブドウ糖が増えすぎると、糖度が高いドロドロした血液になってしまいます。ドロドロの血液だと、「血管内の壁に張り付いて血液の通り道を狭める」「血栓(かたまり)ができる」「血管がもろくなる」「血液がスムーズに流れない」などの悪い状態になってしまうわけです。

 

なぜ、失明や足の切断になるのか?

糖尿病の治療ってどんなの?

残念なことに日本では、失明や足の切断、人工透析などが必要になってしまう方が、毎年2万人近くにも上ります。この理由は、ズバリ、糖尿病に対する知識不足によるものです。糖尿病の初期症状は、痛いとか痒いなどの自覚症状がほとんどないため、糖尿治療を甘く考えてしまう人が少なくないのです。糖尿治療は、自覚症状ない時からはじめないと、症状が出てからでは手遅れになっていることが多いということです。

 

糖尿治療は何をすれば良いの?

 

糖尿病は、病院や薬だけでは治らないことが知られています。それは、糖尿病を引き起こした大きな原因のひとつはあなたの日常生活だからです。この日常生活を変えずして、糖尿病が治ることはないのです。

 

日常生活とは、食生活や運動、ストレスなどです。特に一番重要なのは、毎日、朝昼晩と食べる食事です。食事を変えるだけで血糖値が下がった人がたくさんいます。まずは、食事から変えて行きましょう。


糖尿病と腰痛

糖尿病の治療ってどんなの?

糖尿病の人は腰痛にも気をつける必要があります。

 

糖尿病は血液中に糖が増えすぎている状態です。糖が増えると血液に粘りが出るということ。つまりスムーズに血液が流れないこということです。

 

これにより、さまざまな体に異変がおこります。そのひとつが腰痛です。

 

特に寝るときは自分の体の重みにより腰周りの血管を圧迫します。

 

そのため腰痛が日増しに悪くるという状態になるのです。寝るときに血管を長く圧迫させないためには、寝返りがしやすい敷布団や体重を分散させる敷布団がオススメです。特に腰痛の人に人気があるのが「雲のやすらぎ」です。

糖尿病と睡眠

睡眠と糖尿病は関係ない。

 

そう思ってはいませんか?

 

実は、睡眠は糖尿病とも関係しています。

 

睡眠不足は身体のあらゆる調整機能を不安手にさせます。

 

かんたんな話し、身体の調子を狂わせるわけです。

 

体の調子が狂ってきて糖尿病に良いはずはありません。

 

つまり睡眠不足により糖尿病は悪化するし、治りにくくもなるわけです。

 

中には眠れないんだ、という人もおられるでしょう。

 

その人が一番最初にすべきことはなんでしょうか?

 

はい。枕を変えてみることです。

 

あなたは「六角脳枕」という枕をご存知でしょうか?

 

この枕は睡眠を研究して作られた特別な枕。

 

興味のあるひとは、六角脳枕の口コミサイトを見てみるとよいでしょう。

 

2016/01/09 15:59:09 |
糖尿病の合併症とは、糖尿病が原因で起こる別の病気のことです。糖尿病患者は、血液中のブドウ糖が代謝されず、糖度の高いドロドロした血液になっています。このドロドロした血液が原因で血管が破れたり詰まったりするのです。この血管の破綻が身体の色々な部位で起こるため、糖尿病は、たくさんの合併症が存在するというわけです。糖尿病の合併症の中で、特に発症率が高い病気を、糖尿病の三大合併症と呼んでいます。では、糖尿病の三大合併症を以下で解説します。
2015/09/13 16:32:13 |
糖尿病の治験ならクリニカルトライアル(clinicaltrial)が良いと言われています。さて、そもそも治験とはなんでしょうか?
2015/09/13 16:08:13 |
糖尿病に対する間違った知識を持っていない、と言い切れますか?あなたは、以下に当てはまりまるでしょうか。肉や油が血糖値を上げるので食べないようにしている。食事の欧米化が高血糖の原因なので、和食中心の食生活をしている。お酒が血糖値を上げるため、禁酒している。以上のことを実行しているあなた、血糖値は下がりましたか?努力の割には血糖値は下がらなかったのではないですか。なぜなら、糖尿病治療は日々進歩しており、最新情報では、糖尿病の食べ物が大きく見直されてきているのです。しかし、それなら担当医がしっかりとアドバイスをしてくれるはず……と、思うのは当然ですね。ただ、残念ながら日本は、糖尿病の専門医は非常に少...
2015/09/13 16:01:13 |
日本の医療は進んでいるように思われていますが、実は、糖尿病の治療に関していえば、欧米と比べると3年は遅れているといいます。そのことを証明するように日本人の糖尿病患者は増え続ける一方です。「糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい」の筆者でもある糖尿病専門医の牧田善二先生は、「間違った古い認識が幅をきかせている」「ふるい思い込みを捨てなくては優れた治療を受けられない」と、言っています。当サイトでは、糖尿病を治す強い気持ちがあるあなたに、最新の糖尿病改善方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。
2015/09/13 15:39:13 |
日本の糖尿病治療は、欧米と比較すると3年は遅れているといいます。それは、不勉強な医者が以外にも多く、古い知識のまま治療を続けている現状があるからです。世界的には、糖尿病の治療は日々進歩しており、新たなことが常に発見されています。実は、昔は正しいとされていたことでも、今では間違いとなっていることもたくさんあるのです。しかし、一般の患者は、医者がいうことは正しいと信じるしかありません。つまり、間違った食事療法などを実践しているケースが少なくないのです。
2015/09/13 15:31:13 |
医者のいうことを聞いていれば間違いない、と思ってはいませんか?医療は絶えず進歩しています。常に最新の情報を学んでいない医者は、時代遅れの間違った治療を行なっている場合があります。医者も人間です。実は、意外と不勉強な医者も多いのです。つまり、自分の体は自分で守らなければ、医者をあてにしているだけでは不受分。わたしたちは、自分でしっかりとした知識をみにつける必要があるのです。