糖尿病が怖い理由は合併症

糖尿病の合併症について

糖尿病が怖い理由は合併症

糖尿病の合併症とは、糖尿病が原因で起こる別の病気のことです。

 

糖尿病患者は、血液中のブドウ糖が代謝されず、糖度の高いドロドロした血液になっています。このドロドロした血液が原因で血管が破れたり詰まったりするのです。この血管の破綻が身体の色々な部位で起こるため、糖尿病は、たくさんの合併症が存在するというわけです。

 

糖尿病の合併症の中で、特に発症率が高い病気を、糖尿病の三大合併症と呼んでいます。では、糖尿病の三大合併症を以下で解説します。

糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)

糖尿病が怖い理由は合併症

この糖尿病性神経障害は、最悪の場合、足の切断にまで発展してしまう糖尿病合併症です。

 

毛細血管の詰まりや神経細胞にソルビトールが溜まるなどにより、手足のしびれや痛み、異常感覚、こむらがえり、インポテンツ、顔面神経麻痺などの症状が出てきます。糖尿病の三大合併症の中では、自覚症状が出やすい合併症なので、症状が出たらすぐに対応することが大切です。

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

目の奥にある網膜の毛細血管が破れ、視力が低下する糖尿病合併症です。自覚症状がなく、突然失明する場合もあり大変怖い合併症のひとつです。

糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)

糖尿病性腎症は、腎臓の糖尿病合併症です。

 

腎臓とはコーヒーのフィルターのような役割をしており、血液をフィルターにかけて不純物を取り除く重要な働きをしています。

 

実は、腎臓のフィルターは毛細血管の集合体です。この毛細血管がダメージを受けると、正常に血液が濾過できず、タンパク質が尿に漏れ出し、毒素が体にたまることになります。つまり、命を繋ぐためには、人工的に血液を濾過する人工透析が必要になってくるのす。

 

糖尿病患者が人工透析を行う場合、平均余命は5年といわれていますので、絶対に透析になるまで糖尿病を悪化させてはいけません。

人工透析、失明、足の切断をする人は、年間に約2万人

糖尿病が怖い理由は合併症

糖尿病の合併症は、三大合併症だけではありません。

 

その他に、脳血管障害、虚血性心疾患、高脂血症、胆石症、白内障など、まだまだ多くの合併症があります。

 

また、日本人の死因の1位である癌(がん)に関しても、糖尿病患者の死亡率が高いことがわかっており、糖尿病の合併症リストに癌を含めるという話もあるほどです。

 

いずれにしても、糖尿病の合併症は、自覚症状がほとんどないことです。

 

つまり、気が付かないうちに病気が発展してしまうことが多く、気がついた時には手遅れのケースも少なくありません。事実、日本では、年間に約2万人が人工透析、失明、足の切断を行なっている現状があります。

 

40歳を超えると、健康だと思える人も、脳、心臓、がんなどの人間ドックを受けることが大切です。40歳を超えると会社の健康診断では不十分。費用が高くても人間ドックを受けることで結果的には安くつきます。