糖尿病を改善したければ

日本の糖尿病治療は3年遅れ

糖尿病を改善したければ
日本の糖尿病治療は、欧米と比較すると3年は遅れているといいます。それは、不勉強な医者が以外にも多く、古い知識のまま治療を続けている現状があるからです。

 

世界的には、糖尿病の治療は日々進歩しており、新たなことが常に発見されています。実は、昔は正しいとされていたことでも、今では間違いとなっていることもたくさんあるのです。

 

しかし、一般の患者は、医者がいうことは正しいと信じるしかありません。つまり、間違った食事療法などを実践しているケースが少なくないのです。

 

最新の糖尿病改善方法

つらい食事制限が続けられない。
毎日の運動が長続きしない。
糖尿病は治らないと聞いている。

 

もし、あなたがこのように悩んでいるのなら、あなたはとてもラッキーです。なぜなら、短期間で血糖値を下げることができる最新の糖尿病改善方法を今から知ることが出来るからです。

 

一般的に、糖尿病は治らないといわれていますが、本当に治らなければ、あなたは一生病院にお金を払い続けていかなければいけません。あなたは、病院の良いお得意様になりたいですか?
病院のお得意様になりたくないのなら、あなた自身が、最新の糖尿病改善方法を学ぶことが絶対に欠かせません。

 

血糖値が高いと診断されたあなたへ

 

元気なのに、なぜ糖尿病の改善を急ぐのか?

 

血糖値は少し高いが、どこも体が悪くないし、もしかして、なんかの間違いかもしれないし、もし、本格的に悪くなればその時に、糖尿病改善をしっかりとすればいいか……。と、あなたは糖尿病を甘く考えていませんか?

 

もし、あなたがそのように考えているのなら、あなたは失明や足の切断や人工透析が必要になる可能性が高い人だと自覚しなければいけません。

 

糖尿病対策推進会議(日本医師会・日本糖尿病学会・日本糖尿病協会)によると、日本では、
1年間に糖尿病患者が失明する人の数は、3,500人以上、足の切断は3,000人以上、人工透析を受ける人は13,000人以上にものぼると発表されています。

 

この最悪の状態になった人達は、あなたと同じように、糖尿病を甘く考えてしまい、食事や運動などの生活習慣を糖尿病改善に向けて真剣に努力しなかった人達なのです。

 

実は、糖尿病の合併症は多くの場合、突然にやってくるのです。何の前触れもなく突然です。ある人は、「突然、目に墨汁が流れこんできた」と表現しました。

糖尿病患者は、なぜ突然失明するのか?

血糖値が高いということは、血液中の糖分が高い状態だということです。

 

糖分が高いとどうなるのか?

 

そうです。ドロドロした血液になるのは想像できると思います。

 

このドロドロの血液が長期間続くと、血管はもろくて細くなります。つまり、昨日までは血液が流れていても、もろい血管ですから、何かの拍子に突然目の血管が破れて失明してしまうことになるのです。

 

また、心臓は弱り、免疫力も低下するため、高血糖を放置しておくと、心疾患や脳卒中などあらゆる重大な病気の原因となるのです。

 

今のあなたの体は表面的には健康であっても、糖尿病は確実に進行しているということを自覚しておかなければいけません。

なぜ糖尿病を改善するには早期発見が肝心なのか?

血糖値が高い人は、怖い病気になりやすいってご存知ですか?

 

糖尿病専門医である牧田善二先生は、著書「糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい」の中で、以下のように書かれています。

 

「三十年にわたる糖尿病専門医としての私の経験から言うと、ちょっと血糖値が気になっているというレベルの人の9割は、そのままの生活を続けていれば、いずれ本物の糖尿病に移行する。」

 

つまり、ちょっと血糖値が高いということを甘く考えている人は、将来、合併症の恐怖が襲ってくるということです。糖尿病の合併症には以下のようなものがあります。

 

糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病神経障害・脳出血・クモ膜下出血・慢性硬膜下出血・脳血栓症・脳塞栓症・ラクナ梗塞・一過性脳虚血・高血圧性脳症・脳動脈瘤・脳動静脈奇形・虚血性心疾患・糖尿病性壊疽

 

いかがでしょうか。失明や人工透析が必要だったり、足の切断、突然死や寝たきりになる確率が高い病気など、大変怖い病気に発展する可能性があることがおわかり頂けたと思います。(糖尿病患者は、がんの発症率も高いことがわかっています。)

 

つまり、血糖値が高い人は、色々な病気に発展する可能性が高いわけです。40歳を過ぎた人は、特に人間ドックで検査を受けることが大切です。(会社の健康診断では、検査しない項目が多いため、早期発見できないことがあります)

 

人間ドックを選ぶポイントとしては、検査データーを自宅に送りつけるだけの人間ドックより、医師面接による問診・生活指導などを行なってくれる所が良いです人間ドックは、どこも予約が一杯なので、早めにネットで申込をしておくことをおすすめします。

あなたは腰痛をもっていませんか?

糖尿病改善|あなたは間違った治療を続けていませんか?
糖尿病と腰痛は一見すると関係がなさそうですが、実はそうではありません。

 

糖尿病の人は腰痛にもなりやすいと言われています。

 

糖尿病は血液の病気。体質や生活習慣により血液がドロドロとした状態になるのが糖尿病です。

 

当然ですが腰の周辺の血液もドロドロした状態というわけです。サラサラとした正常の血液ならば栄養も行き届きます。老廃物も外に運び出すこともスムーズです。

 

しかし、ドロドロした血液ではそうもいかないのです。

 

特に大切なのは寝るときです。寝るときに長時間腰の血管を圧迫すると、さらに老廃物を外に運び出すことができません。

 

そこで大切なのが体重を上手く分散してくれる敷布団です。オリンピック選手も敷布団にこだわる人のはご存知でしょうか。

 

自分をベストな状態にもっていくには敷布団は非常に重要な要素というわけなのです。

 

そこでオススメの敷布団をご紹介しておきます。

 

「雲のやすらぎ」という敷布団です。

 

腰痛や肩こり、そしてアレルギーの人などにも好評の敷布団です。