糖尿病治験 クリニカルトライアル

糖尿病治験ならクリニカルトライアル(clinicaltrial)ですか?

糖尿病治験ならクリニカルトライアルが良い?
糖尿病の治験ならクリニカルトライアル(clinicaltrial)が良いと言われています。

 

さて、そもそも治験とはなんでしょうか?

治験とは何か?

厚生労働省の「治験」のホームページには、「治験には多くの方々のご協力が必要です。」と記載され、治験について以下のように解説されています。
化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に 効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。

 

この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。

 

 こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。

 

人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、特に「治験」と呼ばれています。

 

厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/chiken/01.html

糖尿病治療モニターのメリット

糖尿病の治験モニターに参加するメリットとしては、専門医師による通常の治療より詳しい検査が行われ、最新の治療法を受けるたり、従来の薬より良く効く薬に出会えたりするチャンスがあります。

 

また、治療に対する経済的負担が少なくなるだけでなく、世の中により効く新薬を出すことにも貢献できます。

 

治験の安全性

糖尿病治験で気になるのは安全性です。

 

治験モニターに危険はないのでしょうか?

 

まず、理解しておかなければいけないのは、治験は、厚生労働省が認めた試験だということ。本当に危険があるならば国が認めることはありません。つまり安全性は非常に高いといえるでしょう。

 

もし、治験が危険だとなれば、新しい良い薬が世に出せなくなってしまいます。そのために、製薬会社は、実験に実験を重ねて安全に自信があるものを治験薬として使います。

 

また、医師が最優先にしていることも、治験モニターの安全性であるため、治験薬の投与も少量から行い、問題がない場合に少しづつ量を増やしていきます。そして、もし、あなたが治験を止めたいと思った場合は、途中からでも止めることもできるのです。

 

しかし、あなたもご存知のように、薬には「眠気」「頭痛」「だるい」「吐き気」などの副作用があります。

 

また、すでに承認されているタミフルなど一部の薬では死亡例があるように、薬自体、絶対安全だとは言い切ることはできません。そのために、治験モニターの方には治験を行うにあたり、色々なメリットも用意されているというわけです。

治験とはどこで行いますか?

治験を行う病院は、病状が悪化したときに、速やかに治療を受けることができるように、十分な医療設備や医師、看護師、薬剤師が揃っている病院しか無理なので、万が一のときも、安心して参加できるようになっています。

 

治験モニターの募集は、株式会社クリニカル・トライアル(英名:Clinical Trial Co., Ltd.)が行なっています。潟Nリニカルトライアルは、治験参加の募集や治験に関する啓蒙活動を行なっている会社です。

 

【運営会社】潟Nリニカルトライアル(clinicaltrial)
本社所在地:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-25-1アソルティ南池袋2F

 

糖尿病治験モニターへの応募条件
他の臨床試験に参加していない方
20歳以上の男女
身分証明書(保険証)をお持ちの方

 

事前健康診断・定期健康診断…東京(23区・都下)、神奈川、埼玉、千葉、大阪、広島、福岡の指定医療機関

 

※他県の方でもお住まいの場所によってはご参加できるようなので、クリニカルトライアル(clinicaltrial)へお問合せしてみると良いでしょう。